Pages

2018/04/14

うさフェスタ春 2018 - ラビットホッピング・エキシビション 2

うさフェスタ春 2018 で開催された「ラビットホッピング・エキシビション」のレポート 2 です。

雷牙くんチーム

雷牙くんチーム
雷牙くんは 2 回目の大会出場。3 段に挑戦します。

雷牙くんチーム
体が大きいので、ジャンプに迫力があります。

雷牙くんチーム
後半も立ち止まることなく、ジャンプをしていきます。頑張りました。
練習会では 4 段も跳んでいるので、今後は高い段数にもぜひ挑戦してほしいですね!

ベイくんチーム

ベイくんチーム
大会出場の常連・ベイくんチームです。ベイくんも練習を重ねて高い段数を跳べるようになってきています。今回は 6 段に挑戦。

ベイくんチーム
6 段もミスなく跳んでいきます。

ベイくんチーム
ジャンプにも迫力があります。今後もさらに高い段数を跳べるようになるのか、期待がかかりますね。

ななちゃんチーム

ななちゃんチーム
大会でも唯一 8 段を跳ぶことができる、ななちゃんチームがエキシビションの最後を飾ります。

8 段のバーを飛び越えるたびに、会場からは歓声が沸き起こります。

ななちゃんチーム
後半ではバーを落としてしまうこともありましたが、それでもこの段数をジャンプするのはさすがです。

ななちゃんチーム
物怖じせず、8 段を飛び越えた ななちゃんとハンドラーのチームワークに、副賞の「ナイスチーム賞」が贈られました。

フリーくんチーム

うさぎのしっぽのフリーくんも出場です。

フリーくんチーム
フリーくん、練習会では跳んでいたのですが、今回はテンションが上がらなかったようです。

フリーくんチーム
頑なにジャンプを拒否するフリーくん。

フリーくんチーム
途中でハンドラーも交代となりましたが、それでもやる気が出なかった模様……。次回の大会では、また大きなジャンプを見せてほしいですね。

ラビットホッピング・エキシビション

今回のうさフェスタ春 2018 ラビットホッピング・エキシビション。
エントリーしたうさちゃんたちは、いつもと違う会場で、たくさんの観客の前でバーを飛び越え、とてもよく頑張っていました。

ラビットホッピングは、うさちゃんとハンドラー(伴走者)が一緒になってゴールを目指していく競技です。うさちゃんと楽しく取り組んでいくことが目的なので、今後も練習を通じてうさちゃんとの距離を縮めていけるように頑張っていってほしいです。


さて、次回のラビットホッピングの大会は、5 月 13 日に開催される
第 3 回 JRHA 公認 ラビットホッピング大会~うさぎのしっぽ杯~ です。

この大会は公式ルールに基づいて、順位も付けられる公認大会です。
今回から、いよいよ 「上級クラス」 が登場し、ますます盛り上がるのではないかと思います。

兎写真では、大会の模様もレポートしていきたいと思います。

日本ラビットホッピング協会
https://www.facebook.com/japanrabbithopping/


【関連記事】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...