Pages

2016/11/13

ラビットホッピング大会のエキシビジョン

第 1 回 うさぎのしっぽ杯・JRHA 公認 ラビットホッピング大会のエキシビジョンの紹介です。


ラビットホッピング大会・エキシビジョン

エキシビジョン
エキシビジョンは勝敗や得点などを競うのではなく、どこまで高さを飛べるのかのチャレンジになります。まずはバー四段からスタート。

エキシビジョン

エキシビジョン

エキシビジョン
バーの高さはどんどん高くなっていきます。
このくらいの高さになってくると、ジャンプした際の滞空時間も長くなってくるので迫力があります。

エキシビジョン
うさぎ自身も「高さ」は見た瞬間にわかるようです。
これは高いぞ!と止まってしまう瞬間も何度かありました。

エキシビジョン
大きな弧を描きながら、果敢に飛びます。

エキシビジョン
ここまで飛べるようになるには、うさぎがラビットホッピングを「楽しい」と感じていることはもちろん、ハンドラー(伴走者)と息を合わせて一緒になんて挑戦しないと達成できません。

練習会にはじめて参加した人は、誰しも「うちの子は飛べるのだろうか?」と思います。
でも、練習会で一時間ほど練習すると、たいてい飛べるようになって、2, 3 回練習会に参加すると二段、三段とだんだん飛べるようになってくるのです。

うさぎ自身に「楽しい」と気づかせてあげると、どんどん飛びます。
うさぎと一緒になって楽しむことができる競技が、ラビットホッピングなのです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...