Pages

2012/07/11

[DP2x] 光量不足はフラッシュで解決。

DP2x 。というか、SIGMA のこの手のコンパクトカメラは、機能的には本当に他のカメラメーカーと周回遅れで (笑)、画がそれをすべて打ち消してくれるくらい絶品 (これもキマればだがw) じゃなかったら全く話にならない (褒め言葉)。 

特に、ISO 感度に関しては致命的で、このカメラを使って手持ちの室内撮影をするのは本当にやめた方がいい。 私は DP2x を買った日に、室内撮影をして絶句した。

細かいことを言わなければ ISO800 くらいまでなら使える。
手ぶれを気にすれば、低 ISO でも戦える。
しかし、元々 AF が俊敏でもないし。あえてこれで室内を戦わなくてもいいと思う。

そんな DP2x だが、フラッシュを使えばいいのだ。
しかし、純正フラッシュはバウンスもできない意味不明なフラッシュなので、せめてバウンス可能なフラッシュにしよう。そうなると、必然的に社外品になるが。

ISO50, F4, 1/60 DP2x

私は Nikon のフラッシュしか持っていないのだが、マニュアル発光でもこんな画が撮れる。フラッシュはマニュアルのフル発光。若干、微妙な画を出すときがあるが、それはまぁデジカメなので何枚も撮ればよろしい。

DP2x の設定もマニュアルがよろしい。
固定で撮ってみて、適正だと自分で思う露出を決めればいいと思う。

ちなみに、内蔵フラッシュはあまり使ったことがないのだが。
それなりに調整はしてくれる。しかし、これなら無くてもいいかな、という感じだ (笑)。

追記:DP2 Merrill では非搭載になったらしい。バッテリーの関係もあるだろうが、この潔さは好き。


良くも悪くも個性的な子である。
もちろん、そこが良くて自分も使っているのだがね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...